アスペルガーな夫を持つカサンドラ妻の嘆き~別居・離婚・シングルマザー~

アスペルガー+ADHD(未診断だけどほぼ確実)の夫を持つ妻の思いを綴ったブログです。夫との生活が辛く苦痛に感じている私はカサンドラ症候群かも?空気の読めない行動や言動、突然キレる、簡単なことが覚えられない、共感できない、そんな彼を夫に父親に持つ家族の苦悩。ストレス解消法や癒しを求めるカサンドラ妻の思い。離婚を前提とした別居を経て、無事に離婚が成立しシングルマザーとなりました。あくまでも妻側からの一方的な見方であることをどうぞご理解ください。

カサンドラ母とアスペルガー父の離婚を喜ぶ子どもたち

カサンドラ 離婚

離婚

「離婚」って一般的に、やっぱり良いイメージはありませんよね。

アスペルガー夫と離婚したいけど「子どもたちを父親のない子にしたくない」とか、「子どもがもう少し大きくなるまで我慢しよう」って思ってしまう気持ち、よくわかります!

でも、うちの子どもたちはアスペルガー父とカサンドラ母の離婚を喜んでくれました。

「離婚が成功だった!」「明るい離婚だった!」ということもあるんですよね。

我が家は離婚することで幸せになれた、と実感しています。

 

スポンサードリンク
 

カサンドラ母とアスペルガー父の離婚を喜ぶ子どもたち

カサンドラ 離婚

スマイル

昨日の夜、長男がふと

「ねえ、お父さんと離婚した?」

と聞いてきました。

 

離婚の手続きを進めていた時

「お父さんとは離婚するつもりで準備しているから。」

という話はしていたのですが、その後手続きが完了したときは特に何も話していなかったのです。

 

「うん、したよ。」

というと長男と長女が声を合わせて

「いえーい!やったー!」

と言って歌を歌い出しました。

 

スポンサードリンク
 

まだアスペルガー父との嫌な思い出が忘れられない息子

カサンドラ 離婚

息子

長男はアスペルガー夫がイライラしたりキレたときに、特にキツく当たられました。

別居・離婚のきっかけになった時のこと、今でも思い出すとかわいそうでたまりません。

 

aspergers.hatenablog.com

 

このバトルが起こる少し前に、長男は「お願いだからお父さんと離婚して!」なんていうことを言ってきたんです。

 

aspergers.hatenablog.com

 

小学校3年生の子どもを、こんなにも苦しめていたのか…ってすごく辛い気持ちになりました。

 

父親と離れることになってからも

「お父さんのことは二度と思い出したくない!顔も見たくない!」

と言っていました。

 

しかし、狭い町の中ですぐ近くに住んでいるので、いつバッタリ顔を合わせるかと冷や冷やしながら生活していたんです。

 

昨日、息子が「お父さんと会ったよ」と言うのです。

えーーーーー(゚д゚)!

 

母「どこで?」

息子「商店街で」

母「お父さん気づいた?」

息子「いや、気づいてない。自転車に乗ってて、後ろ姿を見ただけ。」

 

なんだ、そういうことか。

自転車に乗っていた父親を後ろから見かけただけ、ということだったんですね。

 

母「大丈夫だった?嫌なこととか思い出さなかった?」

息子「嫌なことは一生忘れない。」

母「でも、時間が経てば少しずつ薄れてくると思うよ。」

 

という会話を交わしました。

長男の心の中にはまだ大きな傷がしっかりと残っているようです。

 

スポンサードリンク
 

さいごに

カサンドラ 離婚

離婚届

アスペルガー元夫と離れてから4か月が過ぎました。

我が家には毎日笑顔があふれています。

もう、あの人のことでイライラしたりびくびくしたりすることはなくなりました。

 

離婚して一区切りついたけど、私もまだアスペルガー元夫に連絡しなければならないことがあるし、完全に関係が切れることはありません。

時々、夢に出てきます。

 

長男も笑って楽しそうに過ごしてはいるけど、こうやって街で父親を見かけることもあるし、小さな心に負った傷はそう簡単に消えることはありません。

 

離婚することで我が家の状況は良い方向に大きく変わったけど、まだまだ時間がかかるんだろうなと思いました。

そして、子どもたちには、本当に本当に幸せになってほしい。

私が幸せにしてあげたい。

と心から強く強く思いました。